売掛金で資金調達ができる・ファクタリングが対象の雇用者をまとめました。

経営者は売掛金を売ることでお金を得られる

経営者

 

現金の資金繰りに頭を悩ませるのは、何も私達のように一般的な生活している人々だけではありません。
給与を貰っている人にとっては、恐れ多いほど立場が違うと思われている”経営者”でさえ、モノを売って現金を得る仕組みを利用しています。

 

しかし、経営者は自身がトップを努めているとはいえ簡単に備品を売却して会社の資金に充てることは出来ません。
そのため、どうしても資金繰りに困った際、最も業務に影響が少なくスピーディに現金を得る手段として”売掛金”を売却する手段が好まれています!

 

>>ブランド物の紙袋や箱も売れる!持ってるかもしれない売れるモノ

 

個人事業主も売掛金を売却できる

個人事業主
売掛金の販売は、基本的に会社と会社の間で行う取引とされています。
しかし個人事業主においては、経営者以上に身の回りのモノを売却してしまうことで業務に支障が出てしまう恐れがあるでしょう。
そのため、近頃は個人事業主でも売掛金が売却できるような仕組みが急速に整えられています!

 

ファクタリングという方法の仕組み

経営者や個人事業主が現金を得るための手段として利用することの出来る”売掛金を売却する”サービスを総称して「ファクタリング」といいます。

 

仕組みとしては”将来受け取れる予定のお金(売掛金)を約束の日より早く現金に変えることが出来る”ものになります。

 

ファクタリングは借金ではない

ファクタリングは、もともと受け取れる予定のお金を早い段階で現金に変えてもらうだけのサービスなので、銀行や金融機関からお金を借りる”借入”とは異なり、お金を返済したり利子を支払う必要はありません。

 

身近な例で言えば、一般的な私達の生活における「いらないモノをリサイクルショップに売る」事と大差はなく、金融取引の信用情報に悪いステータスを残すこと無く現金を調達することが出来る手段として経済産業省も推奨するほどオススメのサービスとされています!

 

給料ファクタリングというものもある

売掛金のファクタリング

 

実はファクタリングは経営者だけの特権ではなく、会社を運営していない私達でも利用することが出来ます。
私達が利用できるファクタリングは「給料ファクタリング」と呼ばれており、売掛金の代わりに給与を受け取る権利の一部を売却することで早期に現金を受け取れるというものです。

 

売掛金のファクタリング同様、借金という扱いでない点がメリットとされており、会社や家族に心配をかけること無く利用できるサービスとして有識者の間で密かに活用されています!
フリーターでも利用が可能な事業者もあるため、予め利用できるサービスをピックアップしておくと良いでしょう。

 

手数料に気をつけながらも上手な活用を

売掛金や給与を売却する際は”手数料”という形で、売却代金の一部をファクタリング事業者に支払う必要がある点に注意しなければいけません。
しかし、デメリットを理解して効率的に活用できれば、資金繰りの問題は解決に大きく近づくのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る