紙袋や化粧箱はブランド物の場合、正規品を購入した証拠になるメリットがあります。

紙袋や箱だけで何故売れる?

世の中には紙袋や化粧箱と言った、通常なら捨ててしまうものでも購入したいという人が一定数存在します。
なぜ彼らは一見不要なものを求めるのでしょうか。
少しでもモノをお金に変えたい人と、紙袋や箱だけでも購入したい人がマッチングする理由は以下のように考えられています!

 

正規品購入の証拠としての需要

ブランドの箱は売ることができる

 

紙袋は、専門店やデパートなどで特定のブランドの商品を購入した際にしか貰えないものになります。
そのため、袋を持っているというだけで「正規品を購入した」というステータスを表現することが出来ます。

 

また人にプレゼントとして渡す際、ビニールや他のブランドの紙袋では格好つかない場合には、多少のお金を払ってでも正規品の証明である紙袋や化粧箱が求められることがあるようです!

 

専門のコレクターが居る

紙袋や化粧箱というものは、製作背景にデザイナーや生産者のこだわりが反映されています。
新商品に過去のデザインと全く同じ紙袋や化粧箱が採用されることはまずありえないことから、ブランドの個性を表現するアイテムの1つという考え方もできます。

 

そういった生産者やプロダクトの歴史が反映された付属品には、少数ながらもコレクターが見受けられます。
商品にしか興味がない人には理解できないかもしれませんが、ヴィンテージ品の販売当時の紙袋や化粧箱が綺麗に保管されていた場合、お金を出してでも手に入れたいものになるのでしょう。

 

どのように売却するのか

紙袋や化粧箱は綺麗に保管しておく

 

紙袋や化粧箱は専門の買取業者を利用して販売することが可能です。
しかしながら、実際にかさばる箱や、形が違う紙袋を店舗に運ぶのは面倒なもので、場合によっては交通費などが無駄にかかってしまい損になってしまうこともあります。

 

最もオススメされる売却手段が「フリマアプリ」の活用です。

特にメルカリやラクマなどの大手サービスだとユーザー数も多く、買い手がつきやすくなっています!

 

オススメは商品の価値を高めるアイテムとして

フリマアプリを活用することで、紙袋や化粧箱だけを効率的に販売することが可能になります。
しかしながら、オススメは「商品と一緒に売却する」という方法になります。

 

買取業者を利用するとわかるように、アイテムを売却する際は箱や付属品があった方が高値で買取が行われる傾向にあります。
それはフリマアプリの利用時も同じで、箱や付属品が完全に揃っていれば、場合によっては単体で販売するより実質的に高い値段で付属品を売却することも可能になるでしょう。

 

 

ブランド品なら箱や付属品にも価値が付く

ブランド物の化粧箱
多くの人が開封と同時に捨ててしまう紙袋や化粧箱もきれいに保管しておけば、いざというときにお金に変えることも出来ます。
特に「エルメス」「グッチ」などは商品だけでなく付属品にも一定の需要があるため、
現金が必要になった際はご自宅のブランド物の紙袋、化粧箱を出品してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ戻る